ロト7の買い方を詳しく解説

スポンサードリンク

ロト7の買い方の説明

ロト7は一口300円で全国の宝くじ売り場や提携銀行のATMで購入することが出来ます。

 

宝くじ売り場の窓口には、その他の数字選択式宝くじの申し込み書と同じ場所に、ロト7の申し込み用マークシートが置かれています。

 

そのロト7用のマークシートに記入して、宝くじ売り場の人に渡して、専用の発券機でくじを発券してもらいます。

 

ロト7のマークシートはロト6やミニロトのマークシートと同じく、A〜Eの5個の枠があり、この一つの枠で1種類の組み合わせを選んで買います。

 

つまり、1枚の購入用のマークシートで、5組のロト7の抽選番号を購入することが出来る仕組みになっています。

 

マークシートの記入方法は、非常に簡単で、1つの枠の中の1〜37までの数字の中から好きな数字を7個選んで、その数字の部分にあるチェックボックスを鉛筆でなぞって線を引いて塗りつぶします。

 

これだけで当選金額が最も多い数字選択式宝くじの、ロト7を購入することが出来ます。

 

宝くじ売り場に行ってロト7のマークシートを手に入れます

購入方法は2通りあります。

 

宝くじ売り場で購入する方法と提携銀行のATMで購入する方法です。

 

このページでは、宝くじ売り場で購入する方法を解説していきます。

 

まずは、ご近所にある宝くじ売り場に行って、下記画像の申し込み用のマークシートを手に入れてください。

 

ほとんどの宝くじ売り場では、窓口の目立つところにナンバーズやロト6、ミニロトなどのマークシートと同じ場所に置いていることが多いです。

 

 

ロト7の買い方

 

ロト7用のマークシートを手に入れたら

 

マークシートを手に入れたら自分の好きな数字のチェックボックスに線を引いて塗りつぶし、数字を7個選びます。

 

ロト7の申し込みカード

 

全国にあるほとんどの宝くじ売り場では、記入する人のために、マークシートと同じ場所に、鉛筆やボールペンなど用意しています。

 

わざわざマークシートを自宅に持ち帰って記入しなくても、購入数字さえ決めておけばその場で簡単に買うことができます。

 

ロト7を買う前に当選金額と当選確率の理解。

 

ロト7に申し込む時に、どんな数字を購入しようか迷った時は、コンピューターが自動的に過去の当選番号を元に当たりやすい数字を選んでくれる、クイックピックを利用することをオススメします。

 

クイックピックでの購入方法は簡単で、クイックピックという欄に鉛筆で線引きして塗りつぶすと、自動的に当たりやすい7個の数字を選んでくれます。

 

数字選択式宝くじが初心者の方や、良く解らないという方は、数字選びで迷った時は利用するのも当選への1つの方法かもしれません。

 

 

ロト7の当選確率と抽選方法の説明

 

ロト7の抽選は毎週金曜日の18時45分から「宝くじドリーム館」で行われています。

 

ロト7の抽選方法は『夢ロトくん』という電動撹拌式遠心力型抽選機に01〜37の数字が書かれたボールを入れて本数字7個とボーナス数字2個を選び出す仕組みになっています。

 

司会の女性の指示に従って機械的に処理され、抽選に必要とする時間は概ね15分間程度です。

 

 

当選の条件

 

当選には1等から6等まであります。
当選条件は以下の表に記しましたのでご覧ください。

 

data-ad-client="ca-pub-2318873742839787"
data-ad-slot="5963167610"
data-ad-format="auto">